地中熱で省エネを実現|エコ活動をするなら身近なところから|地中熱利用で節約にも繋がる
ウーマン

エコ活動をするなら身近なところから|地中熱利用で節約にも繋がる

地中熱で省エネを実現

家のイラスト

個人住宅にも導入可能

地中の温度、特に地表から10〜15メートルあたりの温度は地表の年間平均気温とほぼ同じ水準で、1年を通じて変化がありません。これは太陽光線の影響をほとんど受けないことによる現象ですが、この現象をエネルギーの分野では地中熱といいます。そしてこの地中熱利用システムが、新たな再生可能エネルギーとして近年注目を集めています。地中熱利用システムは、工場などの業務用空調設備としては以前から利用されてきました。しかし最近では、比較的低コストで導入できるコンパクトな設備が販売されるようになり、一般の個人住宅でも普及が進んでいます。長期的に運用すれば光熱費を節約できるだけでなく、温室効果ガスも排出しないシステムとして評価されています。

地表との温度差を利用

地中の温度が年間を通じてほとんど変化しないということは、夏期は相対的に地表より涼しく、冬期は相対的に地表より暖かいということになります。地中熱利用では、この温度差を室温調整などに利用します。地中熱を取り出すには、ヒートポンプと呼ばれる装置を使用します。ヒートポンプにはいくつかの種類がありますが、代表的なのは水を使った装置です。地表と地中の間にパイプを通し、中で水を循環させます。すると地中で熱を蓄積した水が地表に上ってきて、その熱を放射します。この繰り返しによって熱の交換を行います。地中熱利用システムは、石油やガスストーブのように化石燃料を燃焼することがありません。また、エアコンのように排気熱を発生させることもありません。非常にクリーンなエネルギーシステムであると言えます。