大地のエネルギーをもらう|エコ活動をするなら身近なところから|地中熱利用で節約にも繋がる
ウーマン

エコ活動をするなら身近なところから|地中熱利用で節約にも繋がる

大地のエネルギーをもらう

ヘルメット

場所を選ばず導入可能

再生可能エネルギーと言えば、太陽光発電や風力発電などがよく知られています。これらはいずれも無尽蔵とも言える自然現象を源としているため、地球に優しいエネルギー供給システムとして評価されています。ただ、こうした自然由来のエネルギーは、気象条件や地理的条件など生産量が左右されやすいという注意点があります。しかしその一方で、天候にも地域にも左右されない、場所を選ばない再生可能エネルギーの供給システムも存在します。それが地中熱利用です。地中熱利用は、地表と地中の温度差に着目し、それをエネルギーとして利用するシステムです。気温が極端に高いあるいは低い地域でなければ、大概は導入が可能です。二酸化炭素を排出しないため、温暖化対策への効果も期待できます。

さまざまな用途に利用可能

地中の温度は年間を通じてほぼ一定で、相対的に夏は地表より低く、冬は地表より高くなります。この熱を地表に取り出して地表を冷やしたり温めたりするのが地中熱利用の基本的な原理となります。地中熱を取り出す方法は数種類あります。地表と地中の間に熱交換器を設置し、水や不凍液を循環させる、地下水を汲み上げて戻す、ダクトを埋設して通気させるといった方法が主なものです。いずれも、何らかの媒質を用いて地中で蓄熱し、それを地表に上げて放熱するという仕組みになっています。地中熱利用は工場・学校・文化施設などの室温管理システムとして利用できます。最近は一般家庭向きのコンパクトなシステムも実用化されています。また、道路の融雪設備や温水プールなどへの利用も可能です。